eterna-ryoyaの日記

エテルナ所属の出張ホスト「涼矢(りょうや」が自分の過去や最近の出来事をお伝えしますので是非お読みください。

第1話 これがスタートだ!!

どうも涼矢です☆

 

 

 

 

記事を少しずつ復元させていきながら、

日記も書いていきたいと思います☆

  

 

 

 

まずは、僕が青春を捧げてきた

「ボート」をしていた時のお話をさせて頂きます☆

 

 

 

はじまりはじまり~♪

 

 

 

 

兄が高校に入って、

毎日朝早くに出て行って夜遅くに

疲れ果てて帰ってくる生活をしているのを見ていました。

 

 

 

f:id:eterna-ryoya:20160108114518j:plain

 

 

 

 

家に帰ってきても大量のごはんを一瞬で頬張って

お風呂に入って寝る。

 

 

 

 

「この人は一体毎日何をしているのだろう・・・」

兄に対してそんな事を思っていた中学2年生の僕がいました。

 

 

 

 

ある日、テスト期間中に1人で留守番する事に

なったので・・・・男の子ですよね。

 

 

 

 

兄の部屋にエッチな本を探しに2階の屋根の瓦の上を

歩いて窓から侵入しました。

 

 

 

 

f:id:eterna-ryoya:20160108114715g:plain

 

 

 

というのも、兄の部屋のドアはロックされていたからです。

 

 

 

 

でも今思うと、

あの時窓が空いてなければ

今の僕は無かったのかもしれません。

 

 

 

 

 

侵入して10分ほど目当てのものを

探したのでしょうか。

(テスト勉強しろという天使のささやきを無視して)

 

 

 

 

どこにもお目当てのものは見当たらず、

「チッ!」と思っていた僕が、

たまたま壁に張り紙を発見しました。

 

 

 

 

僕はそれを見て驚愕しました。

 

 

 

 

『腕立て100回、腹筋100回、背筋100回

毎日寝る前にやる!!』

 

 

 

 

毎日夜遅くにボロボロになって帰ってきて、

まだ寝る前にこんなことをしているの!!

 

 

 

 

鳥肌が立ちました。

 

 

 

 

エッチな本を探している場合ではない!

 

 

 

 

そのあと、勉強しようと思ったけど

全く手に付かなかった事を覚えています。

 

 

 

 

その後もずっと、兄の部屋の壁に貼られてた

紙の事が頭から離れなかったのです。

 

 

 

 

母親に聞きました。

 

 

 

 

「おにーって、今何しとるの?」

 

 

 

 

『ボートしとるよ』

 

 

 

 

「ボート?」

 

 

 

f:id:eterna-ryoya:20160108115125j:plain

 

 

 

 

「・・・ボートって何なん?」

 

 

 

 

『おにーちゃんに聞いてみたら?』

 

 

 

 

って事で、夜遅くに帰ってきたボロボロの

兄を捕まえて聞きました。

 

 

 

 

「おにー。ボートって何なん?」

 

 

 

 

 

『ん?!知りたいんやったら見に来る?』

 

 

 

 

「ん!?あ~。うん。いいの?」

 

 

 

 

『土日に来たら見せたるわ』

 

 

 

 

って事で思い立ったらすぐ行動!

 

 

 

 

その週の土曜日に弁当持って

一日体験しにいってきました。

 

 

 

 

そこには・・・・

 

 

 

 

今日はここまで。

続きはまた書きますね☆

 

 

 

 

 

~ 今回のまとめと次回の予告 ~

エッチな感情と空いていた窓が生み出した奇跡!

そして、ボートの一日体験で・・・

次回を乞うご期待!!

 

 

 

 

メンコレトーク「ホストのプライベートを暴こう!!

youtu.be

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《遠征情報》

1月12日~14日 関西

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《プロフィール》

涼矢(りょうや)

 

エテルナの出張ホスト

33歳 

愛知県在住

※プロフィールの詳細はコチラ

涼矢の詳細プロフィール

f:id:eterna-ryoya:20160108100957j:plain

TEL

09023440820

 

Mail

continuation_is_power@disney.ne.jp

 

LINE  ID

d_st